日本刺繍《過去の展示会》 || 日本刺繍 紅会 くれないかい

紅会について

日本刺繍紅会 > 紅会について > 過去の作品展 > 企画展

過去の企画展

美の道・楽・展

土と手と温もり-美の道・楽・展-

紅会『くれないかい』では21世紀に向けて、「輝き──個と集いの開花」をテーマとしています。そして敷地内にはあふれるほどの自然があり、その恩恵を戴いて、創作活動をしています。 日本人がもともと愛していた土と手と温もり、その日本の心を若い人たちに托していきたいという願いを持った四者が、それぞれの磨かれた境地と作品を持ち寄って、「美の道・楽・展」を催すことになりました。紅会『くれないかい』の環境を使ってこのような形で共同展を開催できることを心から有難く思っています。ゆっくりとした時と場の中で日本に育まれてきた手仕事の美をお楽しみ頂きたくご案内申し上げます。

紅会『くれないかい』会長 斎藤信作


萩焼/高見世清光(たかみせ せいこう)

この度、鶴の茶寮様のご縁により、紅会様と合同展を開催の運びとなりました。日本刺繍という世界に誇る日本の伝統文化、それを立派に守り、発展させておられます。やきものという世界で同じ思いで仕事をするものとして、初めての合同展とても嬉しく思っております。若い人達には希望と期待を持っています。ただ、美しいものを知る機会が必要です。今回はその発信の場と考えていただければ幸いです。

《略歴》
1946年 千葉県八街市生
1972年 萩焼陶工を志す
1973年 吉田萩苑先生に師事
1978年 山口県旭村「鞍見窯」開、独立
1986年 千葉三越個展
以後、個展を制作発表の場として全国各地にて個展開催


鶴の茶寮/半澤鶴子(はんざわ つるこ)

幼い頃、瀬戸内に育ったせいか、常に海と山のある所を求めて住んできた。葉山、逗子、鎌倉と宿借りのように移り住んだが、とうとう最後は男の海とも云える九十九里に住んでみたくなった。地球の孤を描くほど平らな土地、降るような星、月を仰ぐこと20年、東金の地に御縁を戴いて大切な、大切な多くの友を得、なかでも紅会との御縁は大きな宝であり、同じ東金という地に住んでいるというだけで心満ちくるものがある。

《プロフィール》
鎌倉私立富士愛育園勤務(23~30才迄)保母・調理師免許取得、
東金に移住と共に転職
料理講師養成所にて研修、後、料理講師として10年所属(30~40才迄)
出張料理人として独立、日本料理研究会特別会員
陶芸家と料理の個展多数
現在、茶事の出張料理、全国展開中。主に北陸、関西方面多し


添釜/石橋宗絹(いしばし そうけん)

紅会手作りのお菓子で薄茶を一服いただく、それは、どこかへ置き忘れてきた日本の気持ちを思い出す一時ではないでしょうか。広大な敷地に囲まれてほんの少し幽玄の中へ、そして気持ちにゆとりがもてたらと思うのですが…。

《プロフィール》
福島県梁川町生
裏千家茶道専門学校研修科卒
現在 東金市道庭在住、素心庵 庵主、2男1女の母


日本刺繍/紅会『くれないかい』

九十九里浜近くの田園地帯にある紅会、七千余坪の敷地内には、工房、事務所、寮や住宅などの建物が、雑木林や竹林、畑の間にほどよい間隔をおいて点在しています。四季折々の花が咲き、季節毎の新鮮野菜を育て収穫する、この恵まれた環境の中の工房では、日々繍の創作に励んでおります。質の向上を求めて研究を続けると同時に、専門職を目指す若者たちを創作活動の中で育てています。

繍の逸品展

紅会『くれないかい』工房「繍の逸品展」

研ぎ澄まされた「もの」には凛とした輝きがあります。
私たちは、ものづくりを生業とする一人です。
どのようなものにも例外なく、きちんと作られたものには確かな輝きがあります。現れた作品の奥につくり手の精神の営みが確かに感じられるからです。

色々な「もの」が溢れるこの時代に、一つひとつ心を込めてつくった「もの」を直にお客様にお届けしたい-。
どのような願いをもって、皆さまのお越しをお待ちしています。
日本刺繍 紅会 くれないかい の仕事絹の不思議な魅力。一針一針の手の営みが絹の美しさを更に引き出します。技術の緻密さに留まることなく、糸づくりから想いを馳せて仕上げられた一点一点は世代をこえてお楽しみいただけるものと存じます。つくり手と直に触れ合うこの機会に、「繍いの世界」をお楽しみください。